クレンジングで美肌のお手入れ BeautifulSkinCleansing

W洗顔でメイクも汚れもすっきり

W洗顔って?

メイクをして1日過ごしたあとの肌には、大気中のちりやホコリ、花粉などの微細な汚れがくっついています。肌を清潔に保つために洗顔をして汚れを落とすのですが、メイクをしているとその汚れがしっかりと落とせません。

そこで、クレンジングをしてメイクを洗い流した後で石けんなどを使ってもう一度洗顔することをW洗顔といいます。

肌に残った化粧や汚れをそのままにしておくと様々な肌トラブルを引き起こしますので、一日の終わりにしっかりとすっぴんに戻って、肌を自然な状態へと戻そうということですね。

W洗顔は必要?

肌を清潔にしておくためにクレンジングや洗顔をすることは大切です。

ですが、W洗顔をするにはちょっと注意が必要かも。肌状態によっては、間違ったW洗顔によって余計に肌を痛めてしまうかもしれません。

肌はもともと外部からの刺激に弱く、クレンジングと洗顔料、この2つに含まれる界面活性剤の刺激が強すぎる場合があるからです。特に敏感肌乾燥肌の方には、不必要に肌へ刺激を与えることはおすすめできません。脂性肌の場合、余計な皮脂を落とす洗顔はスキンケアになりますが、合成界面活性剤には要注意です。

正しいW洗顔

理想のW洗顔は、

クレンジングで脂(油)を落とし ⇒ 洗顔ですっぴん肌に
⇒ 化粧水や美容液によるスキンケア

をルーティンとして行うことです。

朝は寝ている間に分泌された皮脂が、夜はメイクが肌に乗っている状態なので、まずクレンジングであぶらを落とし、洗顔で肌をまっさらな状態に。美容成分が浸透しやすい状態を作ってから美肌のためのスキンケア。いい基礎化粧品も、あぶらが残った肌のままでは十分に効果を発揮してくれません。

正しいW洗顔とスキンケアをすれば、きっと肌はきれいになるはず。
毎日だと刺激があると感じたら何日かおきに、朝はそれほど脂浮きしていないようならさっと洗顔だけで、クレンジングの後はぬるま湯で洗うだけで、とそれぞれの肌に合ったやり方があると思います。
その日の肌と相談して、美肌になれるW洗顔を試してみてくださいね。

―スポンサードリンク―