クレンジングで美肌のお手入れ BeautifulSkinCleansing

夏の日差しと紫外線対策

紫外線って?

波長が可視光線より短く、スペクトルでいえば紫色より外側になることからそう呼ばれる、目に見えない光線である紫外線。長時間にわたって太陽の紫外線を浴びていると肌の加齢が進むとされ、美容のためにもとっても気になりますよね。

いうまでもなく夏は紫外線の量が多く、海や山へ行かなくても、ちょっと油断をしていると日焼けしてしまう季節です。
きちんとした知識を得て、夏本番を迎える前にしっかりとUVケアをして美肌対策スキンケアをしましょう。

ちなみに、violetを日本語に訳すと「スミレ色」になることから、紫外線のことを菫外線(きんがいせん)と呼ぶこともあります。
ちょっと文学的でいいですよね♪

紫外線の種類 A波とB波

コラーゲンを破壊する紫外線A波
肌の潤いや弾力に大きく関わるコラーゲン。すべすべの肌もぷるぷるの肌もコラーゲンが足りていることの証なのですが、紫外線のA波はこのコラーゲンに悪影響を及ぼし、破壊してしまうとされています。コラーゲンが破壊されて力を失った肌は保湿力を失い乾燥肌に、または角質を生まれ変わらせる新陳代謝が弱まって肌のくすみやしみ・しわといったトラブルの原因にもなってしまいます。
日焼けを起こすのは紫外線B波
メラニンを生成して肌を黒くする紫外線のB波。いわゆる日焼けの元になる紫外線です。
こんがり小麦色の健康的な肌も魅力的ではありますが、美白肌を目指すときにはちょっとしたやっかいものですよよね。

日焼け止めの基準 

紫外線は日傘や帽子、長袖の服などである程度防止できます。
が、顔や夏の薄着や海に行ったときなど、日に当たる機会はありますよね。

そういうときには日焼け止めを活用しましょう。

チェックするポイントはPA値SPF値
PA値は紫外線A波を防ぐ度合い、SPF値は紫外線B波を防ぐ度合いの目安になります。

日常の生活で使うのであればPA値は+SPF値は20程度で大丈夫。
海やプールなど紫外線を多く浴びそうな場所へ行くときにはPA値は30以上、SPF値は+++のものを選びましょう。汗をかいたりして日焼け止めのムラになったら適度に塗りなおすなどして、徹底的に紫外線をブロックしましょう。

上からの紫外線ばかりじゃなく、水辺やアスファルトなどの照り返し(下からの紫外線)にも注意しましょう。
あごの下などが盲点になって、思わぬところが日焼けした、なんてことにならないようにしたいですね。

―スポンサードリンク―