クレンジングで美肌のお手入れ BeautifulSkinCleansing

20代から始める美肌クレンジング

20代の化粧品

20代にとってのコスメはメイクアップが重要なポイントですよね。
マスカラやアイラインといったアイメイク、グロスやリップにも色々種類がありますし、ファンデーションにもこだわってみたり。

でも、メイクをしっかりとするということはそれと同じ位にクレンジングも大切
前日のメイクが残ったままの肌に化粧をすると、肌にとっても負担がかかります。
特に念入りにメイクをする目元や口元は、もともと皮膚が薄く、ダメージを受けやすい場所でもあります。小じわやクマができてしまっては、せっかくのメイクもいまいち。
まだまだアンチエイジングは考えてなくても、スキンケアで素肌からきれいになったほうがいいに決まってます。

20代のクレンジング選び

しっかりとメイクをする方は、しっかりと化粧を落とせるオイルタイプのクレンジングを選びがちです。
もちろん、メイクを落としきるのも大切なのですが、オイルタイプのものの中には刺激の強いものも。
クレンジングの後がさっぱりしすぎて、肌が乾燥状態になってしまうと逆に肌荒れの原因に。肌自体にはまだ力があるので、そのうちに自然と皮脂が分泌されて緩和されますが、肌の奥底でダメージの蓄積は始まっています。

かといってミルクタイプジェルタイプでは、クレンジングの後に物足りなさを感じる方もいるのでは。
ウォータープルーフの化粧品などは、特に落ちていない気がするかもしれません。

そこで、ポイントクレンジング。

目の周りや口元のメイクは専用のクレンジングでやさしく、Tゾーンや頬の化粧はしっかりと。たまにはスクラブやW洗顔でディープクレンジングの日を作るのもいいですね。メイク自体を控えめにする休肌日があるともっと効果的です。

20代の肌用のクレンジングはさっぱりめな傾向があり、肌の若さゆえに気付かない刺激があるのかもしれません。
クレンジング力保湿力の、美肌バランスが取れたクレンジングを選んでスキンケアしたいですね。

―スポンサードリンク―