クレンジングで美肌のお手入れ BeautifulSkinCleansing

クレンジングで美肌に

正しいクレンジングとは

クレンジングとは汚れを落とすことです。

毎日お化粧をして外に出て、帰ってきたら落とす。
お化粧はそれ自体が肌に負担をかけがちなので、毎日クレンジングをすることはとっても大切です。

肌にはターンオーバーという生まれ変わりのサイクルがあり、約28日周期で古い皮膚ははがれ落ち、新しい角質が生まれます。
そのターンオーバーが最も活発に行われるのが夜です。
スキンケアのためにも一番大切な時間に化粧を残したままでいると、素肌に影響を与え、美肌にとっても良くないということは色々な美容サイトでもよく言われていることですよね。

そこで、ただ汚れを落とすだけだけじゃない、スキンケアにもなるクレンジング方法をご紹介します。
肌によりやさしい、美肌の手助けにもなる正しいクレンジングで、キメの細かい若々しい透肌を保ちましょう。

正しいクレンジングのやり方

クレンジング剤は少なめよりも多めに
クレンジング剤が少ないと肌と手との摩擦が大きくなり、どうしても肌を擦ってしまいます。
ちょっとくらい、と思わずに、肌への刺激はできるだけ避けるようにしましょう。
クレンジング剤は手のひらで温めて
常温で保管してたクレンジング剤は、体温と比べると温度が低いです。
特に冬場はクレンジングが固まっていることもありますので、まずは手の上で人肌程度に温めてから肌に乗せましょう。
ムラにならないように
クレンジング剤は一部分につけずに、何箇所かに分散してつけましょう。
Tゾーンと鼻、両頬とあごといったように少しずつ分けてから広げるようにするとむらになりにくくなります。
強くこすらない
クレンジングは化粧を浮かせて落とすのがポイントです。
クレンジング剤の力で肌から化粧が浮かぶまでくるくるとやさしくなじませ、けっしてこすって落とそうとしないことが大切です。
やさしく洗い流す
洗い流す際にもこすらないことが重要です。
できればぬるま湯を使っての、温水かけ流しで落としましょう。

クレンジングのポイントとプラスワン

クレンジングのポイントをいくつか挙げてみます。

  • 人差し指と中指をうまく使って、細かいところも丁寧になじませる
  • 皮脂の多い部分はしっかりと、皮膚の弱い部分は手早くクレンジング
  • ぬるま湯を使って、毛穴を開いておとすこと。
  • 髪の生え際。フェイスライン、耳の周り等の洗い残しには注意。
  • 同じく、流し残しにも注意。
  • 流した後の拭き取りもタオルで吸い取るように、こすってはいけません。

さらにクレンジングのプラスワンとしては、皮膚の薄い部分である口元や目元には専用のクレンジングを使って落とすポイントクレンジング、クレンジングの後の汚れもしっかりと落とすW洗顔、流した後の毛穴を引き締める冷水でのパッティングといった方法もあります。
肌の状態に合わせて、毎日じゃなくてもこういった方法を取り入れてみると肌の心地よい刺激にもなりそうですね。

最近のクレンジングは美容効果も高くなっています。
その効果を最大限に活かすためにも正しいクレンジング方法を心がけて、すっぴんでもきれいな美肌を手に入れましょう。

―スポンサードリンク―