クレンジングで美肌のお手入れ BeautifulSkinCleansing

メイクとクレンジング

メイク時間とクレンジング時間

皆さんは、外出の際のメイクにどれ位の時間をかけますか?
軽く目元やリップを整えるだけの方、基礎からファンデーション、チーク、アイラインと、しっかりめのメイクをされている方、色々だと思います。

メイクの仕方にはこれ!という決まった方法はありません。
それでも自分に合ったやり方、自分に似合うメイクを模索し、自分なりの方法でめいくされているかと思います。

アンケートのよると、朝のメイクにかける時間は一番多いのが5分~15分位で、全体の約半数以上を占めるそうです。それ以上の時間をかける方も30%位いて、やっぱりメイクにはそれなりの時間を割いていることが良く分かります。

一方でクレンジングにかける時間はというと、ほとんどの方が3分~5分程度。
それでもまだ長く感じて、もっと時間を短縮したいと考えている方が多いようです。中には30秒程度という人もいるみたいですね。

ただ、さすがにクレンジングをまったくしないという方はいませんよね。
時間が無いときでも拭き取るだけのシートを使ったりして、ポイントだけは落としているようです。

メイクとクレンジングのポイント

メイクをする際に顔の印象を決めるポイントというとやっぱり目元と口元、それに肌の色です。

アイメイクをすれば目が大きく見え、相対的に小顔効果がありますし、リップメイクには顔の印象を若々しくはっきりとさせる効果が、肌の色で健康的にすっきりとした印象にすることができます。

目元はアイラインやマスカラ、アイブローもそうでしょうか。口元ならリップやグロス、肌はファンデーションですね。

なので、クレンジングのポイントもおのずと目元と口元と肌、ということになります。

大事なのは化粧をしっかりと落とすこと。
化粧(汚れ)が残ったままにしておくと肌荒れの原因にもなりますし、次の日の化粧ののりも悪くなります。
目元や口元はもともと皮膚が薄い部分ですので、できれば刺激の強いものは避けたいのですが、油分の多い化粧をしっかりと落とせるクレンジングとなるとどうしても強めのものを使ってしまいがちです。

なので、肌に合った、肌に負担をかけないクレンジング選びが大事なポイントといえそうですね。

クレンジングの必要性

クレンジングというのは化粧を落とすことです。
化粧を落とす時というのは、家に帰ってきたときやもう外出はしないとき、つまり、あまり人目に触れなくなるときで、それだけに化粧をするときのように気合を入れてしっかりと、という風にはいかない傾向にあります。

でも、ちょっと待ってください。

スキンケアにおいては、メイクよりもクレンジングのほうが大事なのです。

化粧は肌の上にするものですから、土台となる肌がキメの細かいきれいな美肌であればメイクもより映えますし、印象もガラッと変わります。

ポイントクレンジングやW洗顔、オールインワンとクレンジングの仕方にも色々あります。
いくつかを紹介しますので、様々なやり方を参考にして、美肌になれる自分に合ったクレンジング方法を見つける参考にしてみてくださいね。

―スポンサードリンク―