クレンジングで美肌のお手入れ BeautifulSkinCleansing

ゴマージュってどういう意味?

ゴマージュとは

最近耳にすることがあるのがゴマージュという言葉。
一体どういう意味なんでしょう?

ゴマージュというのは角質ケアの方法の一つ。もともとはフランス語で「こする・消しゴムをかける」といった意味で、美容関連では古い角質をはがしてきれいにする方法、あるいはそういった効果のあるコスメことを指すようです。

角質ケアというとピーリングを想像するかと思います。
ピーリングは薬品の酸を用いて皮膚の表面に働きかけて古い角質を剥離していくのに対し、ゴマージュは主に植物の成分を用いて角質に働きかけていく方法。ともにエステなどで使用される施術ですが、ゴマージュのほうが肌への刺激が弱く、優しい感じといわれていますね。

ゴマージュの効果

肌をつるつるに
古い角質を落として肌のざらつきを解消。適度に行えば肌のターンオーバーを正常化するのに効果的、きめの整った透明感のあるすっぴん素肌に。
肌をキレイに
ゴマージュをした後は肌がつるっとキレイになります。そして化粧水や美容液などの成分が浸透しやすくなります。くすみも収まってきて美白に、肌のトーンアップにも期待できます。

ゴマージュを使う

最近ではゴマージュ効果のあるコスメも多くなってきて、お家で手軽に角質ケアができるようになりました。
ピーリングもそうですが、簡単にできるようになった反面、間違った方法でゴマージュをする場合もあるようです。

角質のケアは、古くなった皮膚の表面を剥離させるということ。
正しいサイクルにのっとってターンオーバーの補助になればいいのですが、ぽろぽろ落ちるからといって激しくこすったり毎日行ったりしたのでは効果も薄く、逆に肌を痛めてしまいます。

ゴマージュは1週間に1~2回程度でOKです。
ピーリングやスクラブ洗顔など、刺激を与えがちな方法と併用せずに、肌をいたわりつつ行うことが大切です。

適量を手にとって、指の腹でマッサージするように。小鼻の周りなど黒ずみが気になる場所は丁寧に落とし、その後に水で洗い流します。

製品によって細かな違いはあるかと思いますので、使用方法を読んで正しく使いましょう。

また、ゴマージュはエステで行われることの多い施術なので、機会があればエステなどにいってみて、プロのエステティシャンのやり方を見たり聞いたりしてみるのもいい手ですよね。

―スポンサードリンク―