クレンジングで美肌のお手入れ BeautifulSkinCleansing

クレンジングについて知りたい

クレンジングの種類

クレンジングには大きく分けてオイル・ミルク(乳液)・クリーム・ジェルといったタイプがあります。
それぞれにメリットやデメリットがありますので、一概にこのタイプが一番と決め付けずに、肌質に合わせて色々なタイプを選んでみるといいかと思います。

とはいえ、選択肢が多いのですぐには決められませんよね。
それぞれの特徴を紹介しますので参考にしてみてください。

クレンジング・オイル
もともと油分が多い化粧品と一番なじみやすく、一番落としやすいとされているのがオイルタイプです。
しっかりメイクの後でもちゃんと洗い流せます。落とした後のさっぱり感も一番です。
ただ、落とす力が強い分、肌の保湿成分も一緒に落としてしまいがちです。乾燥しやすい方には注意が必要かも。
オイルと共に配合された界面活性剤が肌に良くない、という指摘もありますね。
クレンジング・ミルク
クレンジングの中でも乳液タイプものを一般にクレンジングミルクといい、これを使ってクレンジングすることをミルククレンジングといいます。
コットンなどで拭き取るタイプと洗い流すタイプがあり、総じて肌への刺激が少なく乾燥もしにくいものが多いです。
オイルタイプよりもクレンジング力は弱めになりますが、乾燥肌や敏感肌の方にはおすすめといえます。
クレンジング・クリーム
クリームタイプは肌のうるおいを保ちつつクレンジングができ、肌への刺激が少ないことが人気です。
一方、そのテクスチャーからべたつき感が苦手という方からは敬遠されがちですね。
ミルクタイプと同じく色々な肌質の方に合いやすいタイプといえます。
クレンジング・ジェル
ジェルタイプのクレンジングはさっぱりとした使用感が特徴です。水溶性のタイプのものは肌への刺激も少なくてなじみやすいものが多い様です。
オイルをジェル状にしたものはクレンジング力も強く、その分刺激も強めになる傾向があります。

クレンジングの選び方

日頃からしっかりめのメイクをされている方ならクレンジング力重視で、さっぱりめのメイクが多いので洗浄力よりも保湿力があるものを、肌が弱いので刺激が少なくスキンケアできるもの、と、クレンジングを選ぶポイントはそれぞれにあると思います。
化粧品は口コミや人気で選ぶのも一つの手ですが、やっぱりその使用感は自分で使ってみると一番分かります。

友達の肌には合うけど自分の肌には合わない、ということもしばしば。

レギュラーサイズのものを買ってみてから判断する、というのではお金も足りなくなっちゃいますよね。

そこで、まずは色々なメーカーのトライアルキットやお試しセットを使ってみることをおすすめします。
それぞれに何回かで使いきれる量のクレンジングをたくさん試してみることができますし、キャンペーン価格などでお安く、中には無料で試せるものもあります。

自分の肌ですからかしこく上手にスキンケア、肌のトラブル対策のためにもうまく利用してみてくださいね。

―スポンサードリンク―