クレンジングで美肌のお手入れ BeautifulSkinCleansing

クレンジングでにきび対策

クレンジングとにきび

頬でもおでこでもデコルテでも、できていやなのがにきび吹き出物
つるんとした美肌を目指す女性にとっては大敵ともいえる存在です。

にきびの原因にはストレスや食生活なども影響していますが、化粧の落とし残しも大きな要因の一つです。

ファンデーションなどの油分を毛穴に残したままで時間がたつと、毛穴が詰まってその中で油分が酸化し、結果として炎症を引き起こしてしまいます。にきびにならないまでも毛穴の黒ずみは困りものですよね。

そこで日頃のクレンジングが大切になってきます。

クレンジングとは汚れを落とすこと。
ニキビの元となる毛穴をすっきりときれいにして肌の状態を整える、にきび肌にいいクレンジング選びをちょっと紹介します。

クレンジングでニキビケアのポイント

汚れをしっかりと落とせるクレンジング剤というとオイルタイプが一番なのですが、オイルはクレンジング力が強い分肌への刺激も強めです。「よく落ちるから」という理由でクレンジングオイルを使うのは、にきびができやすい敏感な肌の方にはちょっとおすすめできません。

逆の理由で、肌にはやさしいけど汚れが落ちにくいクレンジングもちょっと。

「肌にやさしいから」という理由でノンオイルやミルクタイプのものを使っても、メイクを落としきれないもの、あるいはメイクを落とすために長時間肌をこすらないといけないものでは余計に肌が荒れてしまいがちです。

また、クレンジング剤自体が肌に残ってべたべた感があるものもイヤですよね。

拭き取るタイプのものはコットンなどで肌をこすってしまいますので、外出先でやむをえない場合以外は避けたほうが良さそうです。

ニキビケアのクレンジングには、オイルタイプ並みに落とせるけどうるおい成分も入ったもの、オイルは使ってないのによくメイクが落ちるもの、滑らかなテクスチャーで肌と指の摩擦を軽減するものも刺激を抑えられて良さそうですね。

ポイントは、

  • 化粧がよく落ちること
  • クレンジング剤が肌に残らないこと
  • 刺激の強い成分が入っていないこと
  • 肌触りのいいテクスチャーであること

といったところでしょうか。

この中で強弱をつけて、自分の肌に合ったバランスに最も近いクレンジングを選ぶというのがにきび撲滅への第一歩です。

あ、あと、クレンジングをした後の、化粧水での水分補給といったスキンケアも大切ですよ。

―スポンサードリンク―